COLUMN

改正個人情報保護法施行 への準備に向けて~岩本商事は個人データを守れるか~

ある日の早朝、従業員の田中は会社のドアを開けると同時に叫んだ。「社長!個人情報保護法が改正されたそうです!」「個人情報保護法?そんな大仰なもんは、うちんとこみたいな小さい会社には関係ないよ。」ここは、従業員30名、建築やリフォームを仕事にしている埼玉県の岩本商事である。「社長、個人情報保護法の内

ネット時代の危機管理~日弁連総会委任状問題を題材に

本日3月3日、日本弁護士連合会の臨時総会が開催されました。私は普段このような弁護士会の行事にはあまり参加していませんが、今回は大きな対立議案もあったため総会に出席してきました。今回の総会は、見舞金制度の創設が大きなテーマでありましたが、その横で当日発覚した「委任状の変造」問題が議場・ネット上で

インターネットにおける誹謗中傷法的対策マニュアル

中澤佑一弁護士の書籍 『インターネットにおける誹謗中傷法的対策マニュアル』(中央経済社)の第2版が出版されました。 同書は、削除請求や発信者情報開示請求といったインターネット関連事件について、実際に事件を担当する実務家の […]

最新 プロバイダ責任制限法判例集

当事務所の中澤佑一と船越雄一が執筆に参加いたしました『最新 プロバイダ責任制限法判例集』が出版されました。 削除請求や発信者情報開示請求の分野について、多数の裁判例を解説した書籍です。 この分野については、非公開の裁判例 […]

アイデンティティー権

 各種報道もなされているところですが、私が担当しているSNSのなりすましに対する発信者情報開示請求訴訟において、大阪地裁が「アイデンティティ権」という新たな概念に言及する判決を下しました(大阪地方裁判所平成28年2月8日判決。 なお報道では「アイデンティティー権」と延ばして発音されていますが判決では

妊娠・出産とキャリア選択 ~育休取得を境にした退職と復職~

 ご自身,ご家族の「妊娠・出産」をきっかけにキャリアにおける選択を迫られる方も多いのではないでしょうか。産休や育休を取得後に職場復帰するのか,現在の職場を退職するのか。さらに,育休取得後に復職した場合には育児と仕事との両立に,妊娠・出産を契機に退職した場合にはどのタイミングでどのように再就職を勝

えっ,私が相続人?「相続したくない」方が相続破棄するまでの基本知識とその流れ

突然の事態に備えて知っておきたい「相続」問題 相続というと,俗に「争続」と言われるような遺産争いを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。そんな「相続したい」遺産がある一方で,「知らないうちに,思いがけない人の」相続人になっているというケースも頻繁にあります。  今回は,突然の自分が通知で

将来子どもに叱られる!?SNSの危険な利用方法 ~子どもの肖像権、プライバシー権~

増え続けるSNS上での私生活情報の公開 SNS上の投稿に関するトラブルは,テレビやインターネット上のニュースなどでも良く話題になり,安易な投稿の危険性についてしばしば情報発信がなされています。しかしながら,最近でもSNS上に自身の犯罪行動を公開したり,また子どもへの悪ふざけを投稿した 結果刑事事

TOP